ロゴ|ママスクエア

【妊娠・出産に関わる公的制度】|ママユナイテッド

スタッフブログ

【妊娠・出産に関わる公的制度】

こんにちは!

今回は妊娠・出産に関わる公的制度というテーマで書きたいと思います。

 

現在、国や自治体では出産のための援助や制度が設けられています。

 

なぜなら、妊娠・出産は基本的には健康保険がきかず、

検診や出産費用として

約50万〜100万程度のお金が必要だと言われているからです。

 

高いですよね。。

 

今回ご紹介する制度をしっかりおさえ

プレママさんたちの参考になれば幸いです。

 

 

 

 

出産に必要な費用とは?


1.検診費用

月1回のペースで(臨月は週1回ペース)で計14回程度行うのが一般的。

費用は5万〜10万

 

2.出産費用

病院や部屋のタイプなどでも異なるが、約40万〜70万程度となる。

 

3.マタニティ用品や、出産準備品

約5万〜15万程度

 

 

 

 

妊婦検診の助成


各自治体から無料券、助成券、補助券というものを配布しています。

母子手帳を発行されてからの手続きとなります。

 

全額負担の地域もあれば、上限金額があるものもありますので

各自治体にて確認してください。

 

 

 

 

 

出産費用の助成


大きな出費額となる出産費用をカバーしてくれるのが

「出産育児一時金」となります。

 

 

金額は子供ひとりにつき一律42万円。

もし双子であれば42万円×2となります。

 

 

こちらの申請方法ですが、2通りの方法があります。

 

◆直接支払制度・受取代理制度

 

直接支払・・・出産育児一時金を健康保険から直接病院に支払ってもらう方法

受取代理・・・本人が事前に健康保険に「この病院に支払って下さい」と手続きする方法

 

◆産後申請

 

産後申請・・・自分で費用を準備し支払いを済ませた後に、出産育児一時金を請求する方法

 

 

 

 

帝王切開となった場合


今は約20%(5人に1人の割合)の妊婦さんが帝王切開で出産しており

帝王切開は自然分娩に比べて費用が高額になります。

 

医療保険などに加入している場合は

手術給付金の対象となるため

手術給付金+入院給付金を合わせて約10万円の受取りが一般的とされています。

 

 

 

 

生まれた赤ちゃんへのプレゼント


出産後は、各自治体によって様々な取り組みが行われています。

例えば神戸市では

「こべっこウェルカムプレゼント」といって

赤ちゃんが生まれた世帯を対象に

ベビー用品をはじめ、子育てに関連した神戸の商品をプレゼントする事業があります。

 

 

お住まいの自治体でも確認してみてくださいね^^

 

妊娠〜出産まで多くの出費がありますが、安心して出産日を迎えられるよう

忘れずに制度を活用してくださいね^^

 

 

参照URL

・公共財団法人生命保険文化センター

https://www.jili.or.jp/lifeplan/lifeevent/birth/8.html

(参照2021年8月2日)

 

シングルママこども支援|NEWS

  • シングルママこども支援|ママスクエア
  • シングルママこども支援|ディアキッズ
  • シングルママこども支援|ドン・キホーテ
  • シングルママこども支援|ライフメット生命
  • シングルママこども支援|弁護士立山先生
  • ママユナイテッドオフィシャルブログへ
  • シングルママこども支援|line登録フォーム
  • シングルママこども支援|FB
  • シングルママこども支援|インスタ
  • シングルママこども支援|ハッピーマム