更新日:2017/08/25

離婚後の面会交流について

本日は離婚後の面会交流について考えた内容を掲載しています。
先日、あるNEWSでとても痛ましい事件内容を拝見しました。
それは、離婚後の面会交流時に大切な娘さん(当時4歳)を元夫に殺害されたとの事です。また、殺害した元夫もその後自殺を図ったようです。もともと感情の起伏が激しいご主人だったそうですが、家族に暴力を振るうことはなかったそうです。お母様としては悔やんでも悔やみきれず、どこに怒りをぶつけたらいいか分からないと思います。それでもインタビューにしっかり応えられている姿を見て、涙しました。

この方の場合、離婚を切り出したのも、月に1度の面会を求められたのも元夫のようでした。家庭裁判所の判断により月1度の面会をする事になっていたそうです。
娘さんも父親に会うのを楽しみにしていたので、面会させてあげたいと思いますよね。私も子供が望むなら元夫に会わせてあげたいと思うでしょう。
後々、警察の調べて分かった事ですが父親は精神科に通っていたとの事です。
「最初からこの事を知っていれば面会もさせなかった。」とお母様は仰っていました。
家庭裁判所も精神的な病を見極めるのは難しいので、今回の判断に至ったのだと思います。

離婚しても子供にとっての両親には変わりないので、面会交流は大事な事だと思います。しかし、このような事件が起こると面会交流の仕方なども考えてしまいますね。
私は、元々暴力的な父親や養育費を支払っていない父親などには会わせる必要もないと思いますしそれを求める父親はおかしいと思います。
私の周りには、離婚をさせてしまったのは自分のせいだと考え、普通以上の養育費を支払っている父親もいます。お金が全てではないですが、離婚しても子供を想う気持ちや誠意というのは伝わりますよね。
どんな事があろうと、子供や女性に手を挙げる人は最低です。ましてや殺害だなんて。子供が亡くなるNEWSが絶えない事が本当に悲しく思います。このような事件が起こらないようもっと離婚問題について考えていかなくてはいけないと思います。ママユナイテッドも行政と連携をとって活動していけるよう今後も頑張りたいと思います。


関連する質問


オススメの記事

2017年08月07日

ご利用ガイドライン

◇はじめに◇ 「一般社団法人シングルママこども支援会(mamaUNIted)」(以下、当サイト)の「ママユナイテッドQ&A掲示板」(以下、サービス)をご利用いただく際は、本ガイドラインが適用されます。 利...

2017年08月07日

支援措置の概要(スタッフブログ)

『住⺠基本台帳事務における支援措置について』 先日、役所にて「住⺠基本台帳における支援措置」の手続きを行ってきました!(^^)! 私は、毎年継続的にこの手続き必ず行っています。 何それ?と思っている...
質問する

LINEからも使えます!

mamaUNItedでは、LINEによる質問の投稿や、回答も可能となっています。
ログインも不要で、とても手軽にご利用頂けます!ご興味のある方は、QRコード、または「友だち追加」ボタンより、mamaUNItedの公式ラインアカウントを友だち追加してみてください!

友だち追加